胡蝶蘭を贈るお祝い

お祝いのときには胡蝶蘭を送ることも多いのですが、どのようなお祝いに胡蝶蘭を送るのがよいのでしょうか。もちろんどのようなお祝いにも胡蝶蘭がふさわしいというわけではありません。ふさわしいのは就任祝いや開業祝いだと言えるでしょう。このような場合には、縁起のよい胡蝶蘭はふさわしいですし、新築祝いにも胡蝶蘭はふさわしいです。新しく何かを始めた場合や、何かを行った場合には最適でしょう。

しかも親しい人や親族、お世話になった人など特定の人にのみこのような品物を送るので、そう頻繁に胡蝶蘭を送るということはありません。ただし、祝い事によって送るタイミングや、送るのにふさわしい本数なども変わってくるのです。新築祝いや就任祝いは当日か就任、引っ越しした後に送るのが一般的でしょう。

ただし、開業祝いや開店祝いの場合には、オープンする前日に送るのが一般的です。本数も基本的には奇数がよいと言われているので、胡蝶蘭を購入するときには注意しないといけません。メッセージも祝い事の種類によって異なるのですが、このような内容は、現在であればインターネットで調べることができるので安心です。ただし、間違った情報が記載されている場合もあるので注意しないといけません。

立札を添える

胡蝶蘭を送る場合には、ただ購入したままの状態で送るというのはあまりよくありません。通常は立て札を添えて送るのが一般的です。しかし、どのように立て札を添えるのかわからない、何を記載すればよいのかわからないという人もいるでしょう。そこで簡単な立て札の書き方などを紹介させていただきます。立て札には御祝いという言葉と、送る人の名前を記載しておくのが一般的です。

もちろん自分で記入して送ることで、より相手に気持ちが伝わるでしょうが、あらかじめ販売されている立て札を購入するという方法もあります。立て札はそれほど高い物ではありませんので、通常は数百円で購入することが可能です。店によってはサービスカードのような物を無料で添えてくれるようなところもあります。現在はパソコンでいろいろと作成できるので、名刺のような感じで自作する人もいるのです。

どのような方法でなければいけないという決まりはないので、胡蝶蘭の鉢に添えるような形で送るようにしましょう。通常は名刺のような紙の札で作成する、もしくは販売されているのが一般的なのですが、木札が売られていることもあるのです。どちらでも問題はありませんので、自分の好きな方で作成するか、購入するのがよいでしょう。

購入店舗の選び方

お祝いに胡蝶蘭を送ると決めた場合、どのようにして胡蝶蘭を選ぶのか、どこの店で購入するべきなのか迷ってしまう人もいるでしょう。そこで胡蝶蘭の選び方を簡単に説明させていただきます。ちなみに選び方はその人のこだわりなどもあると思うので、あくまで参考程度にしてもらえればと思います。まずは購入する店ですが、デパートや園芸店で購入する場合には、直接現物を見られるので問題ありません。

育ちがよくて花の色が濃い種類が元気だと言ってもよいでしょう。このような胡蝶蘭を取り扱っている店がおすすめなのですが、店員におすすめの胡蝶蘭を聞いてみましょう。親切に対応してくれればよい店ですが、あまり親切に対応してくれないようであれば、店を変えるべきでしょう。問題はインターネットで購入する場合です。インターネットでは現物を見ることができません。

そのため、口コミや評判を見て決めるようになるでしょう。よく比較して選ばないと、あまり元気のない胡蝶蘭が送られてくる場合もあります。通常インターネットで購入する場合も、送る相手に直接届くことが多いでしょう。だからこそ店選びは重要なのです。また、花の種類が多い店を選ぶというのもよいでしょう。現在ではいろいろな胡蝶蘭があるので、豊富な種類がある店の方が安心できます。

胡蝶蘭関連情報≪胡蝶蘭取扱いインターネットショップ ORCHID STYLE
胡蝶蘭を専門に取り扱っているインターネットショップです。

お祝いに送る胡蝶蘭

お祝いの際には胡蝶蘭を送るという人も多いでしょうが、なぜ胡蝶蘭が好まれているのでしょうか。それは胡蝶蘭が高級であることや、花がとてもきれいであるからでしょうが、他にも理由があるのです。それは縁起が良いからなのですが、胡蝶蘭の花言葉というのは幸福が飛んでくるとなっているからです。昔はお祝いの際にはこのような胡蝶蘭がよいという定番の送り方がありましたが、現在ではあまりしきたりにとらわれることはありません。

基本的に気持ちがこもっていれば問題はないのですが、胡蝶蘭は1本立ちや3本立ちなどが存在しています。1本立ちというのは、1本の胡蝶蘭を意味しているので、やはり1つというのはあまりよくありません。そのため、3本立ちから5本立ちぐらいが適切だと言えるでしょう。ただし、とてもお世話になった人のお祝いを贈る場合や、自分も豪華な物を送ってもらったなど、恩義のある人に対して送る場合には、7本立ちなどの胡蝶蘭を送ることもあります。

また、送るときにはタイミングも重要になります。いつ送ってもよいというわけではなく、基本的にはお祝いなどのパーティーを行う場合、就任式などを行う場合には、当日に届くようにするのが一般的です。もしくはこのような催し物が終わってから送る場合が多いでしょう。早く送り過ぎるのはよくありませんので、タイミングをよく考えておくべきです。当サイトではお祝い時の贈り物、特に胡蝶蘭を送るときの方法などについて解説をしています。