胡蝶蘭を贈るお祝い

お祝いのときには胡蝶蘭を送ることも多いのですが、どのようなお祝いに胡蝶蘭を送るのがよいのでしょうか。もちろんどのようなお祝いにも胡蝶蘭がふさわしいというわけではありません。ふさわしいのは就任祝いや開業祝いだと言えるでしょう。このような場合には、縁起のよい胡蝶蘭はふさわしいですし、新築祝いにも胡蝶蘭はふさわしいです。新しく何かを始めた場合や、何かを行った場合には最適でしょう。

しかも親しい人や親族、お世話になった人など特定の人にのみこのような品物を送るので、そう頻繁に胡蝶蘭を送るということはありません。ただし、祝い事によって送るタイミングや、送るのにふさわしい本数なども変わってくるのです。新築祝いや就任祝いは当日か就任、引っ越しした後に送るのが一般的でしょう。

ただし、開業祝いや開店祝いの場合には、オープンする前日に送るのが一般的です。本数も基本的には奇数がよいと言われているので、胡蝶蘭を購入するときには注意しないといけません。メッセージも祝い事の種類によって異なるのですが、このような内容は、現在であればインターネットで調べることができるので安心です。ただし、間違った情報が記載されている場合もあるので注意しないといけません。