お祝いに送る胡蝶蘭

お祝いの際には胡蝶蘭を送るという人も多いでしょうが、なぜ胡蝶蘭が好まれているのでしょうか。それは胡蝶蘭が高級であることや、花がとてもきれいであるからでしょうが、他にも理由があるのです。それは縁起が良いからなのですが、胡蝶蘭の花言葉というのは幸福が飛んでくるとなっているからです。昔はお祝いの際にはこのような胡蝶蘭がよいという定番の送り方がありましたが、現在ではあまりしきたりにとらわれることはありません。

基本的に気持ちがこもっていれば問題はないのですが、胡蝶蘭は1本立ちや3本立ちなどが存在しています。1本立ちというのは、1本の胡蝶蘭を意味しているので、やはり1つというのはあまりよくありません。そのため、3本立ちから5本立ちぐらいが適切だと言えるでしょう。ただし、とてもお世話になった人のお祝いを贈る場合や、自分も豪華な物を送ってもらったなど、恩義のある人に対して送る場合には、7本立ちなどの胡蝶蘭を送ることもあります。

また、送るときにはタイミングも重要になります。いつ送ってもよいというわけではなく、基本的にはお祝いなどのパーティーを行う場合、就任式などを行う場合には、当日に届くようにするのが一般的です。もしくはこのような催し物が終わってから送る場合が多いでしょう。早く送り過ぎるのはよくありませんので、タイミングをよく考えておくべきです。当サイトではお祝い時の贈り物、特に胡蝶蘭を送るときの方法などについて解説をしています。